• ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトLinkedInのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン

私たちFeel Physicsは
学校様、科学博物館様、科学系イベント向けの教材アプリを

開発しています。

Service

​サービス

 

ゴーグル型拡張技術(Mixed Reality - MR)を使った物理の出張授業も行っています。
15人程度の生徒が1時間の授業で体験できます。


 

 

これまで、5カ国、10の学校、300人の方々に対しHoloLensを使った物理教育の授業を行いました。

 

 

 

Video

ビデオ

 
 

 

 

 

App on Store

公開アプリ

 

 

私たちはアプリの1つを以下のストアで公開しています。

 

 

 

 

Media

​メディア掲載

 

 

 

Satisfaction

満足度

 

 

 

300人以上の満足度調査を行い、大変良好な結果を得ました。

(直近の7つの授業ではNPSが+10を超えました)

Voices

生徒の声

 

 

 

ルワンダ大学
高校生にとって重要なのは、難しい概念を正確に理解ですることだ

トゥンバ工科大学
磁力線が目に見えるので、磁石を応用した技術を開発するのに役立つ

ホ工科大学
今日の磁界のデモンストレーションはとても良かった。磁石がつくる磁界をわかりやすく学ぶことができた。

愛知総合工科高校
3次元の磁界を実際に見ることができて感動した

三重高校
初めて磁界を3次元で見たのは初めての体験だった

メイカーフェア2017
(保護者)本当に初めての体験だった。子どもたちに見せてあげたい。

 

 

 

 

 

Papers

論文

  • 複合現実(MR)技術を用いた磁界の可視化の授業の実践と改良 >>

  • MRによる磁界の可視化を用いた授業の実践結果 >>

 

  • 5カ国での拡張現実技術を用いた磁界体験の実践 >>

 

 

 

 

Contact

お問い合わせ

 

 

 

 

Policy

経営方針

ミッション

途上国を含めた世界の科学・技術の教育に貢献すること

理念

MR技術を用いた教育を開発し、未来の教育に貢献する

ビジョン

MR技術を用いた教育は、より多くの人が技術や工学を深く理解することを助け、社会を発展させる。
 

なぜなら従来の科学教育では、多くの概念(例えば物理式など)は目に見えなかったり現実感がなかったりして学ぶ(教える)のが難しかった。しかし、例えば音は波であることや力はベクトルであることなど、科学概念は私たちの身近な現象を説明するものである。MR技術を用いれば、そのような身近な現象を、例えば音が波として伝わっていく様子や力がベクトルとして合成される様子を体験することができる。すなわち、科学概念をわかりやすく学ぶ(教える)することができる。

バリュー
  • 現場主義(教員・生徒の声に耳を傾ける)

  • 情熱とビジネスの両立(生徒たちの笑顔・社会の発展が加速される市場をつくる)

  • 挑戦(前例のない提案を行う)

フィール・フィジックスは、SDGsの以下の目標に取り組みます。

  • 第1目標(あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる)

  • 第4目標(すべての人々への包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する)

  • 第9目標(強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る

 

(優先課題の選択)
しかしながら以上のうち第1,第9目標については、現状では弊社の能力で直接取り組むことはできません。そのため、現在弊社は第4目標に集中して取り組んでおります。この取り組みを進め、市場を活性化し、より安価な製品が生まれてくることにより、間接的ではありますが、第1,第9目標に取り組むことにつながると考えております。

 

(目標の設定)
弊社の目標は第4目標の内の第7項目「持続可能な開発のための教育」です。

  • その内の「持続可能な開発のために求められる原則、価値観及び行動が、あらゆる教育や学びの場に取り込まれること」を目標とし、

  • そのために「単に知識の伝達にとどまらず、体験、体感を重視して、探求や実践を重視する参加型アプローチをとること」を手段として、

  • 「体系的な思考力(問題や現象の背景の理解、多面的かつ総合的なものの見方)」を育む活動を行っていきます。

 

(KPIの選択)
弊社教材を使用してネット・プロモーター・スコア(NPS)が0以上だった学習者の年間人数(目標:10万人)
弊社教材を使用して概念指標 (CI:Concept Inventories)のゲインが一定値以上であった学習者の人数(目標:10万人)

 

(パートナーシップ)
弊社は教育機関、特に中学・高校・大学段階の教育機関に対し、積極的に弊社のサービスを提供し、対象団体の指標の向上に貢献します。

 

(報告)
弊社は前述のKPIについて、定期的に公表します。

 

(参考資料)

 

Access

アクセス

 

 

 

〒510-0084 三重県四日市市栄町 1-11 ビズスクエアよっかいち B514
最寄り駅 : 近鉄四日市駅(徒歩10分)、JR四日市駅(徒歩5分)

Tel : 080-4387-0629
Mail : tatsuro.ueda@feel-physics.jp

© 2019 Feel Physics